Genson Eye

Genson Eye v1.11

長らく放置していたことや、その間更新され続けていたMODが明らかに当MODよりも良質ですのでGensonEyeは配布終了させて頂きます。DLしてくださった方、ご利用頂いた方には本当に感謝しております。ありがとうございました!

このページ自体は残しますので、参考になるようでしたらご活用ください。

サンプル

2015/02/12 v1.11に更新。espの指定先が独立フォルダだとnifの指定のプライオリティに負けて参照してくれないので泣く泣くバニラの位置に配置。
2015/02/12 v1.1に更新。作業用ファイルは一切更新してませんが、空スロット20個があるespファイルをサンプルと共に同梱しました。
2015/02/10 v1.0に更新。Photoshopでの作業マニュアルを動画化。Paint.NETに標準対応。

Photoshopの場合

Paint.NETの場合

 

◎GensonEyeReplacerの使い方

作った目のテクスチャをバニラと置き換えるのヤダって人のためのものです。
具体的には、20個のスロットが用意してあるmodです。
textures/actors/character/eyes/GensonEyes/ の中に00_eye_slot_memo.txtがあるので
置換したらここにメモを取ると忘れなくていいです。
e1~e20までがスロットです。配布段階でe1~e7までこちらで作成したサンプルが入っていて
それ以降のスロットは全てbrownが入っています。
サンプルいらない人はe1から置き換えて使って下さい。
それから、人間種族(ブレトン、インペリアル、ノルド、レッドガード、ygNord等のHumanに属する種族)にのみ適用します。
他の種族に適用したい場合はCKでaaaGensonでフィルタをかけるとHead PartsとTexture Setが大量にでてくるので
Head Partsのお望みのスロット番号のものを書き換えるか、新しい種族用にDuplicateして各設定をし直すかしてください。

 

以下、2015/02/03 時点の記事

Twitterで自作の目テクスチャの画像を公開したところ、ウケが良かったので公開することにしました。

目のテクスチャをいじくることを前提としたPSDファイルです。まつ毛も独自に描いています。

 

このファイルはこの目そのものを公開するものではなくて、独自に色合いを調整したり、柄を追加することを想定しています。

 

まず前提として、PSDが編集できる環境が必要です。それから、PSDをDDSファイルに変換して保存する必要もあります。

Photoshopであればこちら、他GIMPやPaint.NETでもプラグイン等の導入により可能です。

Paint.NETで環境を作る場合はこちらの記事どおりにやればできるかと思います。

環境が整ったら編集に入ります。Photoshopを前提に説明しますので、アクションの部分はPhotoshopのみ可能です。

まずは解凍したフォルダのうち、.psdのファイル2種を開いてください。

GensonEye_01

開いたら、瞳調整用のウィンドウの右下のレイヤーを確認します。

GensonEye_02

 

グラデーションオーバーレイが適用されているので、グラデーションオーバーレイをダブルクリックしてください。

すると、上記のレイヤースタイルのウィンドウが開くので、グラデーションの色になってる部分をダブルクリックします。

GensonEye_03

ここで色味を調整します。グラデーションの左側が瞳の内側、右側が瞳の外側です。なるべくこのマーカーの位置はズラさない方が賢明です。

それでは変更します。

GensonEye_04

こんな感じにしました。黄色の目ですね。調整が終わったらOKを押してグラデーションを確定させます。

GensonEye_05

目の画像はこんな感じになりました。次にアクションを使います。

アクションタブの赤囲いの部分を押下して、同梱されていた.atnファイルを読み込みます。

GensonEye_06

GensonEye_07

読み込んだら瞳処理用というアクションができます。(当方の環境がCS3なのでバージョンの違いで読み込めない可能性もあります。その場合は以下の作業は手作業で行ってください)

ここで先ほど開いた2種以外のファイルを開いていたら閉じてください。閉じたらウィンドウを瞳調整用にセット(瞳調整用のウィンドウを上に)して、アクションの一括処理を選択します。画像が間違えてますが、赤丸囲いの右隣の再生の▲マークを押してください。

GensonEye_08

すると、アクションで保存されていた作業手順を自動で行ってくれて、目のベースファイルの瞳の位置に貼り付けてくれます。手動で貼り付ける場合は調整用の解像度を320×320pixelにサイズを変えて表示レイヤーを結合したのち、ベース側に貼り付けて位置調整をしてください。

ここで、レイヤーの名前を適当にリネームします。これは今後さらに目を増やしていくときにもアクションを使うためです。

GensonEye_09

変更したら、320pxBrownが可視化されたままなので不可視にします。

GensonEye_10

これで目のテクスチャ画像はできました。ただ、このファイルはわざとpixelを大きくしてあるので、512か256まで縮小します。

GensonEye_11

解像度を変更したらDDSファイルにして保存します。

ファイルを別名で保存、を選択します。

GensonEye_12

拡張子はDDSを選択し、今回はeyeyellow.ddsとして保存します。

GensonEye_13

次にDDSをどういう設定で保存するか選択します。このDDSファイルはアルファチャンネルを含みます。まつ毛の部分ですね。ですのでalphaチャンネルを含む保存方法を選択し、ミップマップはなしで保存します。

よくわからなければ、画像の通りに選択してください。

GensonEye_14

保存したらファイルができているか、ファイルサイズが適当か確認します。

このファイルサイズが5,000kbを超えていたりしたらおかしいので、保存設定を見直してください。

GensonEye_15

次にSkyrimフォルダに導入します。導入方法は特に説明は不要だと思いますが、私の環境ではeyeyellow.ddsをデフォルトから変更するテクスチャが導入されているので、退避させておき、作成したファイルをコピペもしくはカットアンドペーストします。

GensonEye_16

最後に、PSDファイルを新しい目を追加した状態で保存しておきますが、まず1024×1024pixelのサイズまで巻き戻します。リサイズはダメです、情報が失われます。巻き戻したら、保存時は320pxBrownのレイヤーを可視化し、今作成したレイヤーは不可視にして保存しておいてください。これで次回も同じ手順でアクションが適用できます。

GensonEye_17

Skyrimを起動し、キャラメイクでeyeyellowを選択すると下記のようになりました。

GensonEyeアイキャッチ

なお、readme.txtにも記載しましたが、作成したDDSファイルの配布は可です。配布する場合、この記事のリンクをどこかに記載してもらえれば、特に連絡も不要です。

ただし、PSDやその他のペイントソフトでレイヤーごと編集可能な状態での配布は禁止です。

それをされてしまうとこの記事の意味がなくなるので。

それでは良いキャラメイクライフをお楽しみくださいませ。

広告

Genson Eye」への2件のフィードバック

  1. こんばんは!
    毎回ホントにためになる記事で、こちらの目のテクスチャ編集などすごおおおく参考にさせていただきます!ファイルもいただきました(*^_^*)
    ・・・それと・・・
    いつもこっそりサイト見させていただいていて、リンクもこっそりさせて頂いてたのですが、まさかこちらからもリンクしていただけていたとは・・>w<
    相互いただけるほど稼動してなくて恐縮ですが、改めて、ありがとうございます宜しくお願いします!(*ノωノ)
    サイトのURLも変更しておきました^^

    いいね

    • いらっしゃいませ!
      まだまだ私自身の知識が足りなかったりもするので、間違ったことを言ってないか不安になることもあります…(;´Д`)
      ゆうゆいさんのサイトは定期チェックしてますよ!リンクして頂いてるのを見かけたので、こりゃーこちらからもリンクせにゃ!と思ってリンクさせていただいてます(゚∀゚) URLの変更のお手間をおかけしましたが、今後もよろしくお願いします
      イェ━━━━━ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ━━━━━━イ!!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中